ピーマンの芽が出ない!どうすれば発芽するの?4つのポイントを紹介!

画像の説明全然芽が出てこない!

そんなピーマンに、育て方は大丈夫か
不安になってしまいますよね。

そんな人に是非読んで頂きたい
ピーマンの栽培のコツを紹介します。

そのコツは温度管理と細かい土、
種をしっかりと選別することです。

そして水はたっぷりあたえましょう。

コツをおさえて
たくさんの美味しいピーマンを収穫しましょう。

なぜかピーマンの芽が出ない!その原因で1番多いのが温度管理

画像の説明

種が発芽するには適温があります。

ピーマンの場合この適温は
20~30度になります。

その適温を保つことが大切でしょう。

種を購入した時のパッケージにも
この目安となる温度が書いてあるので
チェックしましょう。

特にこの発芽適温より寒い場合に
発芽しにくくなる傾向があります。

ピーマンの種を優しくつつむため、土は細かいものを用意しよう!

画像の説明

細かい土で優しく種をつつみましょう。

細かい土にすることで種からでた根が
はりやすくなり発芽を促します。

土の中に空気を含むことができ
温度を保つことも可能になります。

発芽した後の成長にも
土は大きく関係してくるでしょう。

ピーマンの種の中には発芽できないのもが混ざってる!?そんな種を厳選しましょう!

画像の説明

購入した種の中には中身が入っていない
種も存在するので見極めることが大切です。

もちろん、このような種を植えても
発芽することはありません。

もともと発芽することが出来ない種なのです。

種をまく前に購入した種をすべて
水の中へ入れましょう。

中身のない種は水に浮いてきます。

水に沈んだ種のみ使いましょう。

ピーマンの種まきが完了!大切なのは水やりです。発芽を促しましょう!

画像の説明

発芽には水が必要不可欠です。

しかし水をあげ過ぎてしまっても
種が腐ってしまい発芽出来ません。

水やりの回数を増やすのではなく1回で
あげる水の量を少し増やしてみましょう。

水をあたえるためのじょうろは
水の出る穴が小さく細かいものにします。

優しく霧のような水で
水やりをしましょう。

大きな水の粒で水やりを行うと
その勢いで種が土から出てしまう
可能性もあります。

ピーマンの芽が出ない!どうすれば発芽するの? まとめ

画像の説明

ピーマンの芽がなかなか発芽しない場合は
育てるためのコツをおさえましょう。

コツは以下の通りです。

①発芽適温を保つ
②土は細かいものを選ぶ
③種の選別
④水やりは多めに

ピーマン

ピーマンの芽を発芽させることは
なかなか難しく失敗することもあるでしょう。

諦めてしまうのではなくコツをつかみ
育て方を改善していくことで
発芽の可能性はどんどん高くなります。

家族に美味しくて新鮮なピーマンを
食べさせてあげるためにも挑戦しましょう。

そして発芽に成功し実ったピーマンを
収穫することで家庭菜園の楽しさを
知る事ができます。

コメント


認証コード3364

コメントは管理者の承認後に表示されます。